LSEG_LINE seminar

bm_mv.png

\限定33社→残り21社/

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 郷ひろみ
たった90分で、5つの重要なポイントを理解すれば、
LINE活用の悩みの半分が解決!
今のまま、知らないで損し続けますか?

楽天でLINEを使って売上をアップさせる方法とは?
会員向けの限定セミナーを90分に圧縮して公開

 本セミナーでは、楽天ショップを運営する上で知らないと損しつづけるLINE活用ポイントを、どんなに勉強が嫌いでも、パソコンが苦手な素人でも理解できるよう、実際のパソコンやスマートフォンの画面を見ながら、わかりやすくご説明させていただきます。
 多くの参加者から目からウロコだと感想をいただくほど、LINE運用の仕組みがこんなに簡単なのかとご理解いただけるかと思います。

画像の説明

過去のセミナーの様子

auto-x9Gq0j.png

auto-rPCAGe.png

auto-DqMzRa.png

auto-KXc9qX.png


画像の説明

 コロナ禍により緊急事態宣言が発令された2020年3月…ECマスターズセミナーもオンラインでの開催を余儀なくされ、2年間、ライブ配信にて開催してきました。
広告もCookieレスが叫ばれる時代、EC事業者にとって運用型広告のみではお客様ひとりひとりに適切なコンテンツをお届ける事が困難な時代になってきています。

 そして私たちはセミナー参加者の多くが、「LINEは気になっているが、はじめるきかけがない」そして「未だメルマガに依存をしている」という現実を知りました。これまで開催したセミナーでも数多くの「LINE攻略に特化したセミナーを開催してほしい」とのお声を頂戴しました。
そこで、本来は会員限定でお伝えをしていたLINE攻略限定セミナーを、特別に一般公開いたします。

 限られたレスポンスしか得られなくとも「お客様に情報をプッシュする手段はメルマガかDMしかない」と思い込んで、メルマガを毎月送信し、開封率は10%前後…クリック率1.5%前後…というショップ様が多いのではないでしょうか。

 「LINEがすごい」と話を聞き、スタートして見たものの友だちは増えず、LINE経由で本当に売れているのか分からないショップ様も数多くいらっしゃいます。
 「見た目の友だち数」は多く見えるが、いまだに手探り状態…。ブロック率や反応率もどう改善していいのか分からないショップ様も数多くいらっしゃいます。

そのままLINEの配信を続けていれば、友だちが勝手に増えて、反応率が改善され、儲かるのでしょうか? 

本当にメルマガからLINEに切り替えるだけで、
開封率やクリック率が増えるのでしょうか?

画像の説明

もはや『インフラ』と化したLINE

圧倒的なユーザー数の違い

LINE Business Guide 2022年1月~6月度版で公表されている情報を引用すると、LINEを毎月使っているユーザーは9,000万人いらっしゃいます。実に日本人口の7割以上をカバーしながらも、なんと未だに毎月利用ユーザーが増え続けているのです。

さらに、そのうち85%以上のユーザーの利用頻度は実に毎日LINEを使っているという状況。国内における連絡手段としては、一強状態と言っても過言ではないでしょう。

もはやひとつのアプリケーションの枠を超え、インフラとして定着したLINE。このページを開いている皆様の中にも、プライベート用のメールは毎日開かなくとも、LINEは毎日使っている方も少なくないのではないでしょうか。
いずれもLINE Business Guide 2022年7月~9月度版 v1.1より引用
※1 LINE社調べ LINEアプリ ⽉間アクティブユーザー 2021年12⽉末時点
※2 LINEの国内⽉間アクティブユーザー 9,000万⼈÷⽇本の総⼈⼝1億2541万⼈(令和3年4⽉1⽇現在(確定値) 総務省統計局)

反応率はメルマガの20倍

LINE市場全体で見た場合、調査データによるとLINEとメルマガの比較するとメッセージの開封率は実に6倍。本文のクリック率に至っては20倍以上の開きがあるとされています。

ECモールに限定した場合でも、開封率は4.98倍、本文クリック率は14.4倍と、メルマガと比較すると顕著に高い反応率を示すことが分かります。

さらに平均転換率は12%を超えるというテストマーケティングのデータもあり、ECショップにとってもはや欠かせないマーケティングツールのひとつとなっています。

また、LINE経由での集客をCPC(コスト・パー・クリック)単価で割り戻すと、実にRPP広告よりも安価で集客出来る事が分かります。

画像の説明

絶対に自社の顧客層がいる強み

画像の説明

LINEは「若者のツール」だと勘違いされている方もいらっしゃるかもしれません。
ですがLINEはもはや若者だけのツールではないのです。

先にご説明した通り、LINEは月間のアクティブユーザー数が8,900万人を超え、日本人口の70%をカバーしています。"単なるスマホアプリ"の域を超え、日本国内の大半の人が使っているアプリですから、性別や年代、職業も大きく偏ることなく幅広いユーザーが利用しています。

これはどういう事かというと、例えばInstagramのようなSNS場合、特に「若年層の女性に強い」という特徴がありますから、ショップによって向き不向きが明確に分かれてしまいます。反面、LINEの場合はあらゆる商材において顧客層がいる、というのは明確な強みと言えるでしょう。

また、購買力の高い30代以上のユーザーが全体の75%以上を占めているという点も見逃せないポイントです。

セミナーで「LINE攻略法」をマスターしよう

画像の説明

セミナー終了後には30分の質問会を開催します

画像の説明

セミナー終了後には、30分の質問会の時間をご用意しております。チャットでいただいた質問にリアルタイムでお答えさせていただきます。時間の許す限りご質問ください

過去のセミナーでは以下のようなご質問をいただきました。

画像の説明


7月12日(火)オンラインセミナー
詳細

開催地オンライン開催

インターネット接続環境があれば、どなたでもご参加いただけます。
セミナー会場に足を運ぶことが難しい方など、この機会に是非お気軽にご参加ください。
日時2022年7月12日(火) 14:00〜16:00 ※参加者には事前にオンライン視聴できるURLをお送りいたします。
内容リピーターが増え続けるLINE攻略法

1.月3000円のR-SNSが必要なのか?
2.メルマガよりLINEが重要な3つの理由
3.見込み客「友だち」が自動的に増える方法
4.有名ショップだけ実践している活用法
5.開封率65%を超える裏技

※セミナー終了後は30分間の質疑応答の時間もご用意しております。
募集定員先着33社のみ
参加費用通常価格 3,000円/名
オンライン開催に伴う特別価格 2,000円/名
支払方法お申込み後にクレジットカード、または銀行振込にてお支払いください。
閲覧方法先ずは、お申込み情報をフォームにご記載ください。
後日「ブラウザ閲覧用視聴URL」がメールで届きます。

※本プログラムは専用のWebシステムを利用して実施いたします。
セミナー会場にご来場いただく必要はありません。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。
※参加者の顔、画面が表示されることはありません。講師側のみの表示になります。
返金保証ご満足いただけない場合は、全額返金いたします。

セミナー講師紹介


セミナー参加者の声

 今までの迷いが消え、やるべきことが明確になりました。(YGI株式会社・澤田様)

月に8回、リッチメッセージとカードメッセージ、など、
今までやってきたことで間違ってなかったこともあり迷いが消えました。
配信回数については5のつく日周辺いうのがはっきりました。
またお友達登録クーポンの露出の仕方などはっきりと示唆してたのが非常に良かったです。
頭がだいぶスッキリしました。

 非常に有益なセミナーでした。(株式会社アイジー・イガラシ様)

非常に有益だった。LINEは漠然と運営していたのでやるべきことが明確になった。

 LINEの重要さに気付くことができた。(山西水産株式会社・山西様)

LINEできてないので、やらないといけないと思いました。

 今後の方針にきっかけを作ることができた。(滋賀県・Y様)

楽天のラインは開設しておらず、自社サイトのラインの運用のヒントになればと思って
参加しましたが、楽天でのメルマガなどをしていることを考えれば
ラインにシフトする機会かなと感じました。

 LINE活用を考えるきっかけに(東京都・M様)

参考になる情報が多く、早速実践したく思いました。

 他店舗の活用状況を知ることができ、対策法が明確になった。(山口県・I様)

現在の一般的なショッピングでのラインの使用状況などがわかり、参考になりました。
リピートで何度も買う商材ではないため、
相性については検討が必要ですが、再度見直して見たいと思います。
ありがとうございました。

 やることが明確になり、重い腰をあげる良い機会になった。(兵庫県 T社 Oさん)

ビジネスアカウントも作っただけでほとんど見てない状態だったので
やることが明確になり気楽に始めたいと思いました。

 初心者でもわかりやすく、対策事例も参考になりました。(東京都・K様)

しらない内容&具体的な対策事例の解説があったため助かりました。


楽天以外にYahoo!ショッピング、Amazonにて
ショップを運営されている方に朗報!

本セミナーでは、あらゆるモールに応用できる内容をお届けします。

本セミナーでは、楽天ショップを対象に楽天市場を事例に話を進めていきます。但し、LINEの開封率を上げるテクニック、クリック率を上げるテクニックなど楽天ショップ以外のECモールにも転用できるテクニックを多数ご紹介いたします。結果、参加者からは、Yahoo!ショッピングの売上が上がったという声もいただきますので、複数モールで運営されている方こそ、ぜひご参加ください。また、これから楽天以外にYahoo!ショッピングやAmazonにもお店をオープンされる方にもオススメです。

セミナー参加者限定の特典をご用意

特典 すでに700社以上が利用!楽天ショップ専用LINE攻略ツール

開封率65%を超えるためのアシストツールをプレゼント。
 ▶ レビュー促進をLINEを使って自動化
 ▶ クーポンの発行・配布も自動化
 ▶ RMSとAPIでデータを連携

画像の説明

返金保証もご用意しました。

過去にこのようなセミナーに参加したことがない、参加したが一方的に営業されてあまり得られるのもがなかったなど、不安な方も多くいらっしゃるかと思います。実際に、弊社のセミナーに参加されたからも、参加するまでは、不安でいっぱいだったという声もいただいております。万が一、参加されて満足できなかった場合は、セミナー当日に事務局までご連絡ください。いかなる理由でも参加費を全額ご返金させていただきます。

seminar_20190918takasaki.jpg

seminar_20191127yokohama.jpg

seminar_20190726kofu.jpg


ご視聴までの流れ

画像の説明

Step1
オンラインセミナーお申し込み&決済完了

※お申し込み後に決済手続きの画面に遷移します。そのまま決済をお願いいたします。

画像の説明

Step2
視聴URLを前日までに事務局よりご案内

画像の説明

Step3
視聴URLをクリック

※当日に再度、お申込みの方には視聴URLをご案内予定です


よくある質問と回答

 どのようにして視聴できるのでしょうか
お申込みいただいた方には、前日と当日1時間前に視聴URLをメールにてご案内させていただきます。そちらから視聴可能です。

 まだオープンしたばかりですが、理解できる内容でしょうか?
約3割は、今年オープンされたショップの運営者様が参加されています。そのような方でもアンケートを拝見する限り、ご理解、ご満足いただけているようですので、ご安心ください。

 すでに楽天に何年も出店しているが、簡単な内容ではありませんか?
ショップ・オブ・ザ・イヤー授賞ショップなどベテランショップの担当者様でも見直すところが多々あったという感想をいただいておりますので、ご存知の内容もあるかもしれませんが、より理解が深まる内容をお伝えさせていただきます。

 社長や店長など、経営者でないと参加できませんか?
LINEをなぜ運用するのか?その目的や運用の重要ポイントは、経営者こそ理解しておく内容ですので、できるだけ店舗運営の責任者にご参加いただくことをお願いしております。但し、組織が大きい方などで、実質的にマーケティングの責任者として楽天ショップに運営に携われている方であれば、ご参加いただくのは問題ございません。

 セミナーでの個別の質問は可能ですか?
質疑応答の時間をご用意しておりますので、時間の許す限り、ご質問いただけます。他の方の質問がなければ、お一人様、何度でもご質問いただけます。

shibuyacityFC_logo.jpg
日本ECサービス株式会社はSHIBUYA CITY FCを応援しています

お問い合わせ先

日本ECサービス株式会社 セミナー事務局
海老塚
03-6416-5010
seminar@ec-masters.net

受付終了まで、残り

お申し込みフォーム